安全対策について

参加者が安全に完走できるよう、さまざまな安全への対策をしています。
参加者の皆さまも「自ら心がける安全対策」に取り組み、主催者も参加者も一緒になって「100%」の安全を実現しましょう。

以下のタブを切り替えることでAACRの取り組む安全対策をご覧いただけます。

サポートライダー制度

「100%の安全」を実現するため、セーフティサポートライダー制度を創設します。
AACR2020では、交通ルールを守り他の参加者の模範となって走行するセーフティサポートライダーを、桜・緑各100名募集します。「AACRは安全走行があたりまえ」という全体の雰囲気をつくるために、過去にAACRの160kmクラスに参加し完走した経験がある、メカサポートができるなどの条件を満たす方にご応募していただければと思います。ぜひ一緒になって「100%の安全」を実現しましょう!
なお、昨年医療ボランティア(緑からAEDボランティア)の取組みを始めましたが、今年も引き続き取り組みますので、医療関係者の皆さまのご協力をお願いいたします。

セーフティサポートライダー募集要項 AEDサポートライダー募集要項

セーフティサポートライダー募集要項

1.活動対象と期日

〇安全管理ライダー事前研修会(桜・緑、共通)
下記日程のいずれか1回必ず出席してください。
①2020年3月8日(日)9:00~12:00
②2020年3月8日(日)14:00~17:00
③2020年3月14日(土)9:00~12:00
④2020年3月14日(土)14:00~17:00
〇桜のアルプスあづみのセンチュリーライド2020 2020年4月26日
〇緑のアルプスあづみのセンチュリーライド2020 2020年5月24日

2.活動内容

〇「100%の安全」を実現するため、交通ルールを守り他の参加者の模範となって走行する。
〇ルート上の安全管理重要箇所で、車両に注意しながら参加者の誘導を行う。
〇参加者のメカトラブルなど発生した場合に、適切にフォローする。

3.申込条件

①自転車で1日160km以上の距離を走れる走力と体力をもっていること。
②安全管理ライダー講習会に参加可能であること。(3/8、3/14に実施します)
*講習会に参加できない場合はスタッフとして登録されません。
③丁寧なメカサポートができること(パンク修理と変速機の調整は最低限できること)
④事前研修会を含めた活動日に主催者が指定する場所・時間で活動が可能であること。
⑤その他、主催者が定める大会要項、注意事項を遵守し、スタッフとして活動できること。
⑥連絡用として個人の携帯電話を使わせていただくことがあります。
⑦桜と緑両方へのエントリーも可能です。
⑧参加費として8,000円お支払いいただきます。

4.支給物品

①セーフティサポートライダージャージ

5.注意事項

①申し込みは先着順とし、募集人数に達し次第締め切ります。
②活動に参加するための交通手段・経路の確認や宿泊の手配は、各自で行ってください。
③傷害保険に一括加入いたします(個人負担はありません)。保険の適用範囲は契約内容に基づくものとし、主催者の指示を遵守しなかった場合や不適切と判断された場合には、適用することができません。
④ボランティア活動中の映像・写真・記事・記録等の、テレビ・新聞・雑誌・インターネット媒体等への掲載権は主催者に属します。
⑤スタッフの一員としてSNS等による情報発信は慎んでいただきます。

■応募人数

〇桜のアルプスあづみのセンチュリーライド 100名
〇緑のアルプスあづみのセンチュリーライド 100名

AEDサポートライダー募集要項

1.活動対象と期日

〇桜のアルプスあづみのセンチュリーライド2020 2020年4月25、26日
〇緑のアルプスあづみのセンチュリーライド2020 2020年5月23、24日

2.活動内容

〇自転車で走行しながら心肺停止等の重篤な傷病者に対する応急処置及び現場管理を実施

3.申込み資格

〇消防職員(消防機関で勤務する救急救命士を含む)
〇救急救命士
〇医師
〇看護師

4.申込条件

①自転車で1日160km以上の距離を走れる走力と体力をもっていること。
②AEDボランティアスタッフ説明会に参加可能であること。(大会前日に実施予定)
③1人または2人で申込みしてください(2人で申込された場合は、当日ペアで走行していただきます)
④整備された公道を走れる自転車を持参できること。(大会規則参照)
⑤活動日に指定の場所・時間で活動が可能であること。前日にミーティングを行いますので必ずご参加ください。
⑥その他、主催者が定める大会要項、注意事項を遵守し、スタッフとして活動できること。
⑦桜と緑両方へのエントリーも可能ですが、ジャージの支給は1枚とさせていただきます。

5.支給物品

①AEDサポートライダージャージ

6.注意事項

①申し込みは先着順とし、募集人数に達し次第締め切ります。
②活動に参加するための交通手段・経路の確認や宿泊の手配は、各自で行ってください。
③傷害保険に一括加入いたします(個人負担はありません)。保険の適用範囲は契約内容に基づくものとし、主催者の指示を遵守しなかった場合や不適切と判断された場合には、適用することができません。
④ボランティア活動中の映像・写真・記事・記録等の、テレビ・新聞・雑誌・インターネット媒体等への掲載権は主催者に属します。
⑤スタッフの一員としてSNS等による情報発信は慎んでいただきます。
⑥昨年AEDボランティアとして活動頂いた方で、実行委員会の依頼事項を守っていただけなかった方についてはお断りする場合があります。

■応募人数

〇桜のアルプスあづみのセンチュリーライド 20名
〇緑のアルプスあづみのセンチュリーライド 20名

主催者のサポート体制

①メカニックサポートカー コースに沿って走行するメカニックサポートカーを配置し、コースを伴走します。ご自分で修理不能なメカトラブルなどの際には本部へ電話いただければ、サポートカーと連絡を取り、現場へ向かいます。
②サポートライダー 自転車で走りながら参加者のサポートを行う、サポートライダーを配置します。緊急時には声をかけてください。
③メカサポート あづみの公園大町エイド、白馬岩岳エイドにメカサポートブースを配備します。(予定)メカトラブルの際にご利用ください。なおパーツの交換などは有償となりますのでご了承ください。
④サポートカー 各エイドにサポートカーを配備し、緊急事態に対応します。体調不良、過度の疲労などにより走行を続けられなくなった場合、参加者をピックアップし、安全にスタート/ゴール地点の梓水苑まで送り届けます。
最後尾にもサポートカーを配備し、全員が無事に完走できるようサポートします。
⑤看護師の配置 梓水苑と、あづみの公園穂高エイド・あづみの公園大町エイド・大町木崎エイド・白馬岩岳エイドには、看護師が待機しています。体調不良等の場合はすぐに申し出て健康状態のチェックを受けてください。また、AEDも配備します。
⑥警察・消防との連携 緊急時には所管の警察署、消防署と連携を取り、迅速な対応をします。

参加者が自ら行う安全対策

事前の対策

①車検 事前に最寄りの自転車専門店で車検を受けてください。詳しくはこちら
②自転車保険の加入 大会でも傷害保険に加入しておりますが、補償内容には限度がございます。走行中の接触により、他人にけがを負わせてしまう場合などが考えられますので、自転車保険への加入が必須となります。
③安全の動画 確認 事前に大会ホームページに掲出する安全に関する動画を確認ください。
安全に走行いただくために守っていただきたいルールや、主に右折の注意事項、ハンドサインなどをご説明いたします。
④パンク修理 ロングライドする上で基本となるスキルです。自分でパンク修理(またはスペアチューブとの交換)ができるように準備をお願いします。

大会当日の対策

①装備 スペアチューブ、パンク修理キット、最小限の工具は必ず携行しましょう。
②パンク修理 ロングライドする上で基本となるスキルです。自分でパンク修理(またはスペアチューブとの交換)ができるようにしましょう。
③安全確認 「公道を走行する車両」としての自覚を持ち、同じ大会参加者へは勿論、自動車や歩行者に注意し、周囲(特に後方)の安全を確認しながら走行しましょう。
④体調管理とリタイア判断 大会を安全に完走できるよう体調管理に心がけましょう。もし体調不良や、制限時間に間に合いそうにないときなどは、無理をせずリタイアの判断をしてください。

安全に関する動画

「100%の安全」を実現するために、参加される皆さんにご協力いただきたい内容をまとめた動画を作成しました。「危険走行の例」と「パンク修理(チューブ交換)」も併せてご覧ください。

■AACR2016安全動画

■危険走行の例

■パンク修理(チューブ交換)