安全対策について

参加者が安全に完走できるよう、さまざまな安全への対策をしています。参加者の皆さまも「自ら心がける安全対策」に取り組み、主催者も参加者も一緒になって「100%」の安全を実現しましょう。

1.サポート体制

①メカニックサポート ルートに沿って走行するメカニックサポートを配置し、ルートを伴走します。ご自分で修理不能なメカトラブルなどの際には本部へ電話いただければ、サポートスタッフと連絡を取り、現場へ向かいます。
②サポートライダー 自転車で走りながら参加者のサポートを行う、サポートライダーを配置します。緊急時には声をかけてください。
③サポートカー 各エイドにサポートカーを配備し、緊急事態に対応します。体調不良、過度の疲労などにより走行を続けられなくなった場合、参加者をピックアップし、安全にスタート/ゴール地点の梓水苑まで送り届けます。
最後尾にもサポートカーを配備し、全員が無事に完走できるようサポートします。
④看護師の配置 梓水苑と、あづみの公園穂高エイド・あづみの公園大町エイド・大町木崎エイド・白馬ジャンプ場エイドには、看護師が待機しています。体調不良等の場合はすぐに申し出て健康状態のチェックを受けてください。また、AEDも配備します。
⑤警察・消防との連携 緊急時には所管の警察署、消防署と連携を取り、迅速な対応をします。

2.参加者が自ら心がける安全対策

①車検 事前に最寄りの自転車専門店で車検を受けてください。詳しくはこちら
②装備 スペアチューブ、パンク修理キット、最小限の工具は必ず携行しましょう。
③パンク修理 ロングライドする上で基本となるスキルです。自分でパンク修理(またはスペアチューブとの交換)ができるようにしましょう。
④安全確認 「公道を走行する車両」としての自覚を持ち、同じ大会参加者へは勿論、自動車や歩行者に注意し、周囲(特に後方)の安全を確認しながら走行しましょう。
⑤体調管理とリタイヤ判断 大会を安全に完走できるよう体調管理に心がけましょう。もし体調不良や、制限時間に間に合いそうにないときなどは、無理をせずリタイヤの判断をしてください。

3.安全に関する動画

「100%の安全」を実現するために、参加される皆さんにご協力いただきたい内容をまとめた動画を作成しました。「危険走行の例」と「パンク修理(チューブ交換)」も併せてご覧ください。

■AACR2016安全動画

■危険走行の例

■パンク修理(チューブ交換)