緑のAACR 安全対策について

参加者が安全に完走できるよう、さまざまな安全への対策をしています。参加者の皆さまも「自ら心がける安全対策」に取り組み、主催者も参加者も一緒になって「100%」の安全を実現しましょう。

1.主催者のサポート体制

①メカニックサポートカー コースに沿って走行するメカニックサポートカーを配置し、コースを伴走します。ご自分で修理不能なメカトラブルなどの際には本部へ電話いただければ、サポートカーと連絡を取り、現場へ向かいます。
②サポートライダー 自転車で走りながら参加者のサポートを行う、サポートライダーを配置します。緊急時には声をかけてください。
③メカサポート あづみの公園大町エイド、白馬エイドにメカサポートブースを配備します。(予定)メカトラブルの際には本部にご連絡ください。
④サポートカー 各エイドにサポートカーを配備し、緊急事態に対応します。体調不良、過度の疲労などにより走行を続けられなくなった場合、参加者をピックアップし、安全にスタート/ゴール地点の梓水苑まで送り届けます。
最後尾にもサポートカーを配備し、全員が無事に完走できるようサポートします。
⑤看護師の配置 梓水苑と、あづみの公園穂高エイド・あづみの公園大町エイド・大町木崎エイド・白馬エイドには、看護師が待機しています。体調不良等の場合はすぐに申し出て健康状態のチェックを受けてください。また、AEDも配備します。
⑥警察・消防との連携 緊急時には所管の警察署、消防署と連携を取り、迅速な対応をします。

2.参加者が自ら行う安全対策

事前の対策

①車検 事前に最寄りの自転車専門店で車検を受けてください。詳しくはこちら
②自転車保険の加入 大会でも傷害保険に加入しておりますが、補償内容には限度がございます。走行中の接触により、他人にけがを負わせてしまう場合などが考えられますので、自転車保険への加入を強く推奨いたします。※大会加入の保険詳細を入れる。
③安全の動画 確認 事前に大会ホームページに掲出する安全に関する動画をご確認ください。
安全に走行いただくために守っていただきたいルールや、主に右折の注意事項、はハンドサインなどを説明いたします。
④パンク修理 ロングライドする上で基本となるスキルです。自分でパンク修理(またはスペアチューブとの交換)ができるよう準備をお願いします。

大会当日の対策

①装備 スペアチューブ、パンク修理キット、最小限の工具は必ず携行しましょう。
②パンク修理 ロングライドする上で基本となるスキルです。自分でパンク修理(またはスペアチューブとの交換)ができるようにしましょう。
③安全確認 「公道を走行する車両」としての自覚を持ち、同じ大会参加者へは勿論、自動車や歩行者に注意し、周囲(特に後方)の安全を確認しながら走行しましょう。
④体調管理とリタイア判断 大会を安全に完走できるよう体調管理に心がけましょう。もし体調不良や、制限時間に間に合いそうにないときなどは、無理をせずリタイアの判断をしてください。

車検について

本大会に参加される方は、事前に最寄りの自転車専門店で車検を受けてくださるよう、お願いいたします。
自転車専門店でプロの目によるチェックを受け、必要な整備を完了した自転車で、本大会を安全・快適に楽しんでください。

車検の流れ

①4月下旬に、参加案内と合わせ「車検証」をお送りします。
②車検証と自転車を最寄りの専門店にお持ちいただき、車検を受けてください。
③車検の結果、整備または修理等が必要な場合は、適切な整備または修理等を行ってください。その際の費用はご自身でご負担ください。
④整備完了後に、専門店で車検証に押印してもらってください。
⑤押印された車検証を、大会受付にご提出ください。
※専門店の押印がない場合は、参加受付できませんのでご注意ください。

車検の内容

1)ブレーキの状態について
 ①ブレーキシュー摩耗、②取付位置、③効き具合
2)ホイール系の状態について
 ①タイヤの摩耗、②タイヤの損傷、③ホイールの振れ、④ホイールのガタ
3)変速装置が正常に動くかどうか
 ①フロントシフト、②リヤシフト、③注油
4)フレームとパーツの固定状態
 ①ハンドル固定、②ステム固定、③ヘッドのガタ、④サドル固定、⑤各ボルト増し締め
5)注油
 ①チェーン、②その他メカ

車検証ダウンロード

参加者の方には郵送にて参加証、参加案内書、車検証を送付しておりますが、Webサイトからも車検証をダウンロードしていただけます。
各大会専用の車検証をダウンロードしてご使用ください。
準備出来次第掲載いたします。