実行委員長兼プロデューサー鈴木雷太から参加者の皆さまへ 「100%の安全」をみんなで実現しよう!

実行委員長兼プロデューサー鈴木雷太から参加者の皆さまへ
「100%の安全」をみんなで実現しよう!

長文ですがぜひ読んでください!

アルプスあづみのセンチュリーライドは、おかげさまで今年11年目となります。昨年に引き続いてチャリティエントリー付きの寄付クラスを設けましたが、幸い今年も昨年以上に多くの方のご賛同をいただくことができました。

今年もいよいよ来週に桜のAACRが開催されます。参加される皆さまには、本当の意味でアルプスあづみのセンチュリーライドの趣旨を理解して、安全走行に心がけていただきたいと思います。

私は毎年皆さまと一緒に走ります。参加してくださったことへの感謝を伝え、一緒に自転車を走る喜びを分かち合いたいと思っています。しかし、いつの間にか「一時停止してください!」「交通ルールを守って走っていただけないと大会が続けられません!」という声かけが多くなってしまいます。

アルプスあづみのセンチュリーライドでは、4年前から「100%の安全」を掲げ、安全走行の動画を掲載したり、参加案内には安全走行の手引きを記載したりするようにしています。オープニングイベントやスタート前にも「交通ルールを守って走ってください!」とお願いをしています。
自転車で道路を走るときに特に危険なのは「右折」です。そのため信号のある交差点では2段階右折をすること、T字路(特にト字)の右折は、信号が無くても必ず一時停止して後方の安全を確保してから曲がることを強くお願いをしています。もちろん趣旨を理解してしっかり安全走行をしていただいている方もいらっしゃいますが、残念ながら実際に守っていただいている方は半数にも届きません。
ルート設定の際に「危険予想個所は回避しよう、右折は極力減らそう」と何度も試走をしてできたのが今のルートです。2段階右折や一時停止の箇所は実はかなり少ないのです。そのわずかなところさえ守られないとなると、あとは全面通行止めするしかありません。

7年前から始めた車検制度にしても、「100%の安全」にしても、参加者自身がアルプスあづみのセンチュリーライドを本当に楽しんでいただくために必要なことです。整備不良でトラブルが起きてしまったら完走することができません。いくら素晴らしい景色を堪能して気持ちよく走ることができても、事故がおきてしまったら取り返しがつきません。きちんと整備された自転車で、安全走行をして、無事家にたどりついてはじめて「楽しかった」が完結します。

アルプスあづみのセンチュリーライドのサポートライダーは、パンクの際にもできるだけ「次は自分で修理できるよう手助けをする」というスタンスでいます。「イベントでお金を払っているんだからサポートしてもらって当たり前」かもしれません。しかし、その人は自分一人で走っていてパンクしたらどうするのでしょうか?一般道にはいないサポートライダーの助けを待っているのでしょうか。
私たちは「アルプスあづみのセンチュリーライドに参加した人は、自分一人でも安全にロングライドを走れるようになって欲しい」と願っています。この素晴らしい自転車という乗り物をイベントの時だけでなく楽しんで欲しい、そう思っています。そのためには最小限パンク修理は自分でできるほうがいいですよね。

アルプスあづみのセンチュリーライドには自転車業界の皆さんにも多数ご参加いただいています。土曜日はブース出展ですが日曜日に走るのが楽しみ、と皆さんおっしゃってくださいます。ところが自転車業界の皆さんは「100%の安全」を100%理解して模範となるような安全走行をしているか?というと残念ながらそうではありません。「某ブランドのスタッフが、ものすごいスピードで信号無視して走っていった」という目撃談を聞くことも珍しくありません。自転車の楽しさを誰よりも知り、自転車文化を広めるのが使命の「業界人」が、安全走行していない。これでは自転車が社会に認められるわけがありません。

私は、自転車と出会ったことで人生が開けました。選手として五輪に出場することができ、選手を引退した後は、「日本にもっと自転車文化を広めたい」と思って自転車店の経営、イベントのプロデュース、五輪の監督など、日々取り組んでいます。

手探りで始めたアルプスあづみのセンチュリーライドが10周年を迎え、参加者は1回目の136人の30倍近くになりました。ですが、一番大事なことは参加者が増えることではありません。サイクリストがみんな当たり前に安全走行をして、地域の皆さんに受け入れられ歓迎されて、アルプスあづみのを自転車で走る喜びがサイクリストと地域の人とで共有できていること、すなわち「アルプスあづみのに自転車文化が根付き、花開く」ことこそが大事なのです。

参加される皆様にどうかこの思いが届きますように!

アルプスあづみのセンチュリーライド実行委員長兼プロデューサー
鈴木 雷太

桜のAACR150㎞各クラスのタイムテーブル

「無理をしない」「指定通過時刻以降の進行禁止」など100%の安全を実現するため、150㎞各組の皆さんが余裕を持って16時フィニッシュできる目安となるタイムテーブルを作成しました。
参加者の皆様は各自ダウンロードしてご利用下さい。

●内容としましては次の通りです。
・各クラス別に切り取って使用可能
・各エイドの出発時間の目安
・各エイドの滞在時間の目安
・各エイド間の距離、平均時速、所要時間の目安

必ずしもタイムテーブル通りに行動してくださいという訳ではありませんが、余裕を持ってフィニッシュするための参考になるはずです。
「桜のAACRを楽しく安全に走行していただくために」是非ダウンロードしてご利用ください。

桜のAACR16時着_タイムテーブル

医療ボランティアとして参加いただける方を募集します

アルプスあづみのセンチュリーライド2019(桜)(緑)では大会に医療ボランティアとして参加いただける方を募集しております。
募集人員は各大会20名、救急救命士や医療関係者のご応募をお待ちしております。
この機会にAACRの医療スタッフとして大会に参加してください!

詳しくは以下をご覧ください。

医療ボランティア募集ページ

「100%の安全」のために、100%一時停止しよう!

「100%の安全」を実現するための補足情報として、緑のAACR160㎞ルート内での一時停止箇所を集計しました。
160kmクラスのルート総延長が157.2km、信号などを除く一時停止は30箇所、5.2kmに1回です。わずか30ヶ所の一時停止が守れないなんてことはありません。
「100%の安全」のために、100%一時停止しましょう!

「100%の安全」ために一時停止しよう!

緑のAACR160㎞各クラスのタイムテーブル

「無理をしない」「指定通過時刻以降の進行禁止」など100%の安全を実現するため、160㎞各組の皆さんが余裕を持って16時フィニッシュできる目安となるタイムテーブルを作成しました。
参加者の皆様は各自ダウンロードしてご利用下さい。
緑のAACR16時着のタイムテーブル

●内容としましては次の通りです。
・各クラス別に切り取って使用可能
・各エイドの出発時間の目安
・各エイドの滞在時間の目安
・各エイド間の距離、平均時速、所要時間の目安

必ずしもタイムテーブル通りに行動してくださいという訳ではありませんが、余裕を持ってフィニッシュするための参考になるはずです。
「緑のAACRを楽しく安全に走行していただくために」是非ダウンロードしてご利用ください。

「100%の安全」を実現するために その3

「100%の安全」を実現し、緑のAACRを楽しく走っていただくために
参加者の皆様に守っていただきたいことを3回に分けてお知らせいたします。
必ず目を通していただき、実践していただくようお願いします。

-その3「セルフセーフティ・3つの合言葉」

1.「クリートをはずして止まろう!」
1.「クリートをはずして止まろう!」
信号、踏切、交差点、右折時などの一時停止のときには、徐行ではなく「クリートをはずして」止まりましょう!また、「前の人が止まったから自分はいいや」ではなく、必ず一人一人クリートをはずして止まってください。

2.「声をかけ合おう!」
2.「声をかけ合おう!」
走行時に前後の意思疎通を図るため、ハンドサインに加えて声をかけ合いましょう。「止まります!」「右折します」「抜きます」など、声をかけることで自分の安全も周囲の人の安全も確保できます。

3.「後ろを確認しよう!」
3.「後ろを確認しよう!」
前の人を追い抜くとき、一時停止するとき、右左折するとき、必ず後ろを確認しましょう。セルフセーフティのためには周囲の状況を自分の目で確認することが大事です。

「100%の安全」を実現するために その2

「100%の安全」を実現し、緑のAACRを楽しく走っていただくために
参加者の皆様に守っていただきたいことを3回に分けてお知らせいたします。
必ず目を通していただき、実践していただくようお願いします。

2017midori_anzen_text02

2017midori_anzen_img054月に開催された桜のAACRでは、リタイアされた方がいらっしゃいました。また、完走はしたものの後半はフラフラだったという方もいらっしゃいました。
160kmというロングライドを完走するためには、長距離を実際に走った経験、自転車の整備を含む十分な準備、そして体調管理が不可欠です。そのうえで、自分の体調と相談し決して無理をしないことです。

今回緑のAACRでは、大町木崎湖エイドの関門(指定通過時刻)を11時とします。11時を過ぎると白馬方面には進めなくなります。大町木崎湖エイドでスタッフが呼びかけしますので、関門の時間を過ぎないよう皆様のご理解をお願いします。

16時フィニッシュの目安になるタイムテーブルを作成しました。
参加者の皆様は各自ダウンロードしてご利用下さい。
緑のAACR16時着のタイムテーブル

「100%の安全」を実現するために その1

「100%の安全」を実現し、緑のAACRを楽しく走っていただくために
参加者の皆様に守っていただきたいことを3回に分けてお知らせいたします。
必ず目を通していただき、実践していただくようお願いします。

-その1「交通ルールを全員が守ってください!」

アルプスあづみのセンチュリーライド大会規則の初めに次のように書いています。

「本大会は、競技会ではありません。北アルプス山麓・安曇野の自然と景観を、思い思いのペース
で楽しみながら走るサイクリングイベントです。交通規制はしていませんので、交通ルール及び以
下の大会規則を守り、安全に走行してください。」

しかし、残念ながら実際には交通法規を守らずに走っている参加者が見受けられます。「100%
の安全」を呼びかけて大多数の参加者にはご理解いただけていると思いますが、地域や警察からは
信号を無視している」「一時停止していない」「道路の真ん中を並走していて危ない」「踏切で
止まらずに走っている
」などのご指摘をいただいています。

指摘された交通違反の例

信号無視一時不停止並走踏切不停止

「このぐらいはいいだろう」ではなく、全参加者が「信号」「停まれ」など、すべてにおいて法規
を守っていただかないと、来年以降この大会だけでなく、

この地域においてすべてのサイクリングイベントが開催できなくなる

可能性があります。
関係各所よりご指導をいただいておりますので、厳守よろしくお願いします。